尾道アジアンゲストハウス ビュウホテルセイザン&タイ国料理タンタワン


ホテルやタイレストランの事、タイでの事や世界中のゲストやスタッフの事など。尾道色は弱いです(^-^;
by viewhotelseizan
カテゴリ
最新の記事
南国島デビュー!④
at 2019-03-16 14:00
2019タイでの闘い⑦
at 2019-03-11 04:30
2019タイでの闘い⑥
at 2019-03-05 22:21
★3月休館日のお知らせ★
at 2019-03-04 20:23
2019タイでの闘い⑤
at 2019-03-02 20:21
最新のコメント
書き込み有難う御座います..
by viewhotelseizan at 00:01
それはヒロさんが同じよう..
by viewhotelseizan at 14:22
寺戸さんの勝利、本当に嬉..
by hiro at 06:33
尾下塾長様 ご無沙..
by viewhotelseizan at 23:23
今頃のコメントでごめんな..
by 尾下塾 at 18:17
以前の記事
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

営業しております!!

先月は度々お休みを頂き、本当にすみませんでした。

只今まともに営業致しております。

今年も段々温かくなってまいりましたね、タイ料理の季節が

どんどん近付いてきました。どうかまた今年もボチボチと

山の上に足をお運び頂けましたら幸いで御座います。

お仕事、睡眠、運動にご飯。今年は春から皆様の幸せを

お祈りしております。

押忍
d0144077_20501092.jpg


# by viewhotelseizan | 2008-03-13 20:50 | ★タンタワン最新NEWS! | Comments(0)

2008タイでの闘い ⑤ラウンド後半

d0144077_239477.jpg
d0144077_2392156.jpg
d0144077_239351.jpg
d0144077_2310267.jpg
d0144077_23102593.jpg
と言う訳で、そんなこんなで無事、ムエタイの殿堂ルンピニースタジアムへ到着
したのであった。「ふ~・・今夜ははなから荒れそうだぜ」と言う訳で、まずは
通い慣れたルンピニー正面入り口へと向かうのであった。
当初スタジアムの入場料は、一番安い3階席が、その日のマッチメークにもよるの
だが、たかだか250B程であったが、今はなんとも外国人料金と言う事で、タイ人以
外は皆1000Bである。
毎度の事ではあるが、ルンピニーに付くとまず正面入り口で、赤い服を着た、日本
語を使いこなすスタジアムスタッフに遭遇する。彼女達は必ず決まって昔はこう言
っていた。「あなた3階席危ない、リングサイド案内するよ」今まではまず相手にし
た事がない。逆に「あなた誰に言ってる?他のお客さん言ってください」と、彼女
たちに合わせた変な日本語で切り替えしていた。変な日本語は彼女達にはむしろよく
伝わる事も、私は知っていたのであった。そう、言うまでもなく、私はそんな所まで
親切なのであった。
なのだが・・今回は違った、相手にしたのだ。タイには毎年やって来るが、妻の里帰
りも兼ねてなので、もうめったにムエタイスタジアムにはなかなか来れないので、今
日は高く付いてもリングサイドでムエタイ観戦と決め込もうと言う気持ちになってい
たのであった。
赤い服のスタッフに案内されて、チケット売り場に向かう・・・と思ったが、それは
違った。正規の料金だと、リングサイドは2000Bであるが、彼女達は窓口を通さずに、
自分がお金を受け取り、スタッフ皆でグルになり、小遣いを稼ぐのだろう、ススッと
私を連れ、リングサイドに案内した。他のスタッフも誰も止めるものはいない。まぁ
これもタイだ。ついでに値切れば2000Bのチケットは割り引かれる。たぶん上手にやれ
ば半額くらいまで落とせるかもしれないが、そこは一歩大人になり、1500B程度で手を
打てばすんなり会場入りできるであろう。「あなた、友達に紹介、お願いします。
リングサイド、安いね。ありがと御座います。」と、また変な日本語でお礼を言われた。
まぁ変な日本語は嫁で慣れているので、全然大丈夫だ。でも、このシステムは知らなか
った。正直、はなから高いリングサイドに入る気がなかったので、10数年この事を私は
知らなかったのである。リングサイドでの観戦はやはり全然良い。それは知っている。
仲間の誰かが試合をすれば、お金がどうこう言わずリングサイドに立って入れるが、お
金を払い、ちゃんとお客さん席で客として観るムエタイ観戦は相当気分が良い。
少々高いが、皆さんにはやはりムエタイ観戦は、リングサイドをお勧めする。3階席の、
ギャンブラー達の中で観るムエタイも、確かにそれはそれでタイらしさを味わえるが、
やはり・・・う~ん・・どうだろう。両方1回ずつ体験してみてくれたら一番嬉しい。
是非、タイが気に入り、2回目に行ったら前回と違う席で観てみて欲しい。是非お願いします。特典としては、気軽に試合前の待機している選手と写真が撮れるとか、そんなもの
だが、まぁよい記念にはなるはずだ。もし、記念にならないと思うならやめておけばいい。
大半はムエタイマニアでないと、選手が誰であるか、何と言う名前なのか全然分かる余地
もないだろう。日本人はもちろん、外国人にとってムエタイとはそんな世界である。
さて、いよいよ試合だが、ムエタイの試合は決してK-1とかとは違うのである。試合を観る事に関して言えば、マニアしか楽しめない。断言する。ただスタジアム自体を楽しんで頂ける事は、それも断言する。試合は素人さんが観ると眠くなるかもしれない。その攻防は、決して派手ではなく、実に地道な攻撃の繰り返し(積み重ね)である。どんな技が高ポイントなのかとか、色々見方はあるが、ここであえて言わないで置こう。そお方がむしろ楽しめるはずだ。
リングサイドのお客さんもほとんどは外国人、ビールをガブガブやりながらワイワイ楽しんでいる者が大半だ。私の隣もそんなファラン(西洋人)の男2人であったが、試合を真剣に観ながら「オーイ!オーイ!」と一人なのに、3階席のギャンブラーの如く奇声を発していた私をジロジロ見ていた。関係ない、私は一人でムエタイを楽しみに来たのだから。
私にとっては、ムエタイを楽しむ事さえも、立派な闘いである。だから闘いに掛け声はつきものである。
ムエタイも、試合の順番で、そうレベルの高くない選手からメインの高レベルな試合となり、終盤は外国人選手や子供の試合になる。その頃には多くの人々が会場から帰っていく。試合をする選手の身になればせつないものだ。ただそう言う厳しい現実がないと、何ごとも上達しない。上を目指す気持ちがなくなれば、平和は訪れるだろうが、悲しいかな現世では老い先苦しむ事になる。タイ人、ムエタイファイターに関して言えばそれは貪欲である。自分だけではない、家族の将来や運命がかかっている。強くなる為には非常に大きな肥やしであろう。しかし現実にはチャンピオンは一人である。皆揃って家族幸せ!とは行かないのである。この現実も彼らは十二分に理解している。ただひたすらたった一つの星を掴み取る為、日夜練習し続けるのである。私も10年も昔、タイでジムに通っていたが、やはり何処も日に8時間ほどは毎日練習時間である。中盤に昼寝と言う仕事もあるが、なかなか私は寝れなかった。何故なら練習中に先生が汲んでくれる氷入りの大きなポリバケツに溜めた水をいつも飲んでいたからだ。飲まなければ脱水で死んでしまうし、飲んでも細菌に犯されそうで、心配で心配で眠れなかったのである。幸い下痢はしたものの、大事には至ってないので大丈夫だったのだろう。顔の怖い先生だったが心は優しかった。付け加えて言えば、奥さんがすごい美人で、また更に優しかった。いい思い出である。
と言う訳で、ムエタイに関して言えばこんな所だろう。ルンピニーは私の記憶と心からなくなる事はないであろう。是非皆さんも、タイに行ったら一度は覗いて観て頂ければ幸いです。ただ、ルンピニーの周りにたむろっているタクシーはろくなモンじゃないので気をつけてくださいね。カオサンロードで客待ちしているトゥクトゥクのような感じでしょうか、ほんとろくなモンじゃないですから。
と言う訳で、今回の里帰り特集が終ったら、その昔の、トゥクトゥクとの闘いをお話ししましょう。
今回の写真は、闘い終わったチャンピオンに挑戦状をたたきつけた後のショットです。
・・・まぁ言うまでもなく嘘ですが。ただの記念写真です。

次回は、2008 タイでの闘い。帰国へ。です。
d0144077_0174254.jpg


# by viewhotelseizan | 2008-03-12 23:10 | ★社長のタイのドキュメンタリー | Comments(0)

中間報告

皆様、長い事最終決戦のブログに進まなくてすみません。

何かとドタバタしております。

今日はお詫びに癒しの犬の絵を載せておきます。

当ホテルの番犬、ブアカーオ1歳、押忍・・・いや、雄です。

特技は、石油ファンヒーターの風の吹き出し口に、マーキング(おしっこ)をかけ、

知らずにスイッチを入れ、温かい風が吹き出した頃に、熱せられた濃度の濃い

おしっこ臭を部屋一杯に広める事です。

後は、遊んでやらないと、人の靴の中に上手にウンチを入れ、報復する事です。

このくらいですかね。

相手に後ろを見せない奴です。まぁ・・・ファイターですから。

押忍
d0144077_758264.jpg
d0144077_7583473.jpg
d0144077_804810.jpg


# by viewhotelseizan | 2008-03-11 08:03 | ★社長のタイのドキュメンタリー | Comments(0)

2008タイでの闘い ⑤ラウンド中盤

d0144077_2453761.jpg
と言う訳で、無事義母さんのパンツ買う作戦も成功し、いよいよここサイアムで二手に分かれる事にしたのであった。私は残り、皆はそのままBTSで車を置いたチャトックチャックへ向かった。皆を見送った後、まずは本日の宿を最初に確保しておこうとすぐ向かいの、ソイカセムセン1へ向かった。
ご存知の通り、そのソイカセムセンには、まず入ってすぐクリッタイマンションを始め、レノホテルやホワイトロッジなど新旧入り混じりまとまった安宿・・・にしては高めだが、
まぁアクセスが便利だし、すごしやすい宿が10軒前後あるのであった。当初渡タイしていく内、脱カオサンした頃から馴染みのあるこの界隈なのであった。
しかしである・・・。人気があるのか、最近ではこの界隈の宿は当日飛込みではなかなか部屋が取れない。そう、この日もいきなり目ざとい宿は全て満室であった。なんてこったい・・。さぁどうしたものかと考えた挙句、今まで宿を取ったことの無い中心地、スクンビットまで足を伸ばすことにした。凄まじいばかりのネオン看板と英語日本語の入り混じるこの界隈、大きなホテルが連なっている。どっか空いてるだろう・・と歩いては見たものの、行くホテル行くホテル高い割には全て満室である。素晴らしい稼働率である。羨ましい限りだ。とは言ってられないので順番にトライしてみた結果、ロイヤルガーデンビューとか言うホテルに部屋が取れた。2000Bだ・・・しまあったぁ・・・来るんじゃなかった・・。まぁ仕方ない、早くルンピニーへ向かわないとメインの試合が終ってしまう。
と言う訳で、しぶしぶ2000B払い部屋を取った。周りを見渡すとインド人だらけであった。インド人は目つきが厳しいので深夜に異様な空気のホテルのロビーであった。それでもまぁ部屋に入ればお湯のシャワー、これはまたこれで久しぶりなので爽快であった。しかし歯ブラシがないのには驚いた。置き忘れたのか・・元々ないのか・・。まぁ電動歯ブラシ持参の私には関係ないのでその事は無視して颯爽とシャワーを浴び、ルンピニーへと向かったのであった。
ホテルを出ると毎度の事ながら、凄まじい客引きや、外人狙いのタクシー群のエリアである。場所がスクンビットだけにうっとおしい限りである。毎度の事ながら全て無視して大通り出てそれでも少し歩き、真面目そうなタクシーを捕まえる。実に面倒である・・・。
タイに限らず東南アジアはこれが煩わしさの一つである。奴らはすぐにピラピラッと女の子のブロマイドを広げて見せる。どの子がいい?初渡タイの頃は、なんなんだ?写真?と見ていたが、今ではうっとおしい。そう言えばルンピニーからホテルへ帰る時も、めんどくさそうなタクシーを避けたつもりが、実はルンピニー公園へ向かう途中の。その面倒なタクシーを停めてしまいだるい思いをした。まず乗り込み行き先を告げ、OK!と走り出すのだが・・「ユー・スリープ?」とか聞いてきた。来た・・・しまった・・。「イエス・スリープ」とは言うものの、「レディ?マッサージ?」とか言ってくる。本来はこの時点で車を降りたほうがよい。「ノーセンキュー・ゴートゥーホテル」と言うと走り出すのは走り出すが、ルンピニー公園をぐるっと回り、路地で車を停め、「・・ホテル・ベリーファー・500B」とか言ってきた。そうなるともう即降りである。運転手は「オー!ユー・シットダウン」とか言いながら私の身体に触れた。その瞬間表情を変え、外受け気味にその手を弾き飛ばし、怖い顔しながら「ノー!」その後は日本語で、「こりゃ、おんどりゃ誰に触りょうんじゃ、このガキャー」と言いながら降りるのだが、実際あまり喧嘩腰にはならない方がいい。何故ならここは敵地タイランド、もしやるなら不意打ちで一撃打ち込む方がまだいいだろう。言葉は必要ない。そしてすぐにその場から去ることが最も重要である。付け加えて言うならば、打ち込むべき状況か、そしてそうしても大丈夫な場所であるか冷静に判断した上でやらないと厄介な事になりかねない。皆さんも打ち込むなら、充分注意して打ち込みましょう。また打ち込むポイントと力加減、そしてタイミングとスピードは言うまでもなく重要である。色々述べたが、当然その根底には勇気と覚悟が必要となる。これは人生そのものや仕事等もそうであるように、基本である。よく理解しておかなければいけない。
と言う訳で、試合後のタクシーの話を先にしてしまったが、行きはいい運転手さんで、無事ルンピニーに到着した。

ふっふっふっ・・・ルンピニーでの闘い。中盤戦と言う事で今日はここまでだ。
引き伸ばしてどうもすんまそん。
d0144077_2454791.jpg
d0144077_2455526.jpg


# by viewhotelseizan | 2008-02-27 02:45 | ★社長のタイのドキュメンタリー | Comments(0)

またお休みです・・・。

大変申し訳御座いません。
実は、以前よりやらなければならなかった浄化槽の修繕なのですが、
先日まで渡タイでお休みさせて頂いたにもかかわらず、今月、2/26から
3日間。28日までお休みさせて頂く事となりました。
レストランだけでなく、ホテルもお休みです。理由は言うまでもなく、修繕中
に、トイレが使えないのです。
何とかレストランだけでも・・とも思いましたが、やはりトイレが公園トイレまで
歩いて50mは厳しいのではないかと判断し、致し方なくお休みさせて頂く事
に致しました。

いつもお越し頂いておりますお客様、そして今度行って見ようと考えていらっしゃった
お客様。本当に申し訳御座いませんが、何卒お許し頂きますようお願い申し上げます。

★話しは変りますが、当店メニューが少し変りました。また再開いたしましたら、是非とも
ご来店、心よりお待ち致しております。これからも変らぬご愛顧の程、よろしくお願い申し
上げます。

押忍
d0144077_22521511.jpg


# by viewhotelseizan | 2008-02-24 22:52 | ★タンタワン最新NEWS! | Comments(0)