尾道アジアンゲストハウス ビュウホテルセイザン&タイ国料理タンタワン


ホテルやタイレストランの事、タイでの事や世界中のゲストやスタッフの事など。尾道色は弱いです(^-^;
by viewhotelseizan
カテゴリ
最新の記事
年越して探そうと思わずに年内..
at 2018-11-01 12:00
2018クリスマスディナーご..
at 2018-10-30 16:29
★11月の休館のお知らせ★
at 2018-10-22 20:42
2018タイでの闘い(14)
at 2018-10-18 15:33
Access guide f..
at 2018-10-18 15:31
最新のコメント
社長より わかった ..
by viewhotelseizan at 04:13
社長様 可愛いです..
by sato at 16:44
社長より 宣伝有難..
by viewhotelseizan at 19:14
いや、想い出しました。や..
by viewhotelseizan at 01:29
社長様 覚えてないんで..
by sato at 15:53
以前の記事
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

水上マーケット

古い話しである。15年前にさかのぼる・・・・・・・。

タイ、バンコクの郊外に、チャオプラヤ川の入江で行なわれている水上マーケットがある。私は小船を値切り倒し、チャーターしたのだった。辺りには商船が群がり、威勢のよい掛声が飛び交っていた。

 私はまず、のんびりと波に揺られながら、そんな風景をほのぼのとした気持ちで眺めていたのだった。・・・が、その時である。
 なんとも言えないナンプラーの香ばしい香り、そう・・それはバーミーナムの商船だったのである。私は一つ腹ごしらえをしようと思い、そばを一つ注文したのだった。
 中具に使う肉は、無数のハエにたかられ、肉の栄養とともに、ハエの卵からもプロテインが吸収できそうな、そんな恐ろしくて美味しいソバであった。

 私はそのバーミーナムを勢いよく啜り込み、食道を唐辛子で刺激しながら胃に叩きこんだ。なんとも言えない爽快な気分だった。腹ごしらえを終えた私は、またしばし小船に揺られながら哀愁をかもし出していた・・・その時である。
 また一艘の商船だが今度はかぐわしいばかりのフルーティーな香り、そう、その商船は果物の商船だった。私は大きくて美味しそうなマンゴーを見つけ、それを買う事にしたのだった。
 そこからが実際商売の開始である、そのマンゴーは4個・約2Kgで40バーツ。おっと、交渉の必要も無いくらい安いではないか。しかし、すんなりOKしていたのではファイターとしてだらしが無い、私はこう思い20バーツと声をかけたのだった。

 おばさんはビックリしていた、それは私にも分かる。実際非常識なのは私のほうだ、しかしそう言った以上後には引けない。おばさんは、40バーツを決して落とそうとはしなかった。当たり前だ、私がおばさんでもそうはしないだろう。しかし、私の笑顔と根性により、おばさんは30バーツに落とすはめになったのであった。
 少し悪い気もしたが、商売もいわゆる闘いであるからそれはしかたが無い事だ。私は満足感に浸り、小船による航海を終えたのだった。そして微笑みながらそのマンゴーを食べようと袋を開けた瞬間である・・・。

 私の身体は震え、蒸気が身をまとい、怒りのオーラを発したのだった。やりやがった・・・あのクソババー・・・。交渉成立後、4個のはずだったマンゴーをこそっと1個抜いていたのであった。3個だ、3個しか入っていない・・。

これで30バーツ、同じじゃないのか・・・。

 怒りに燃えた私だったが、今回だけは自分の負けを見とめざるえないと思った。フッ・・・タイの商船ババー・・・なかなかやるではないか。隙を見つけての見事な攻撃だった。しかし次回はそうはいかない。私は、心の中で思ったのである・・・。

 ババー・・・、面ぁ~覚えたぞ。
そう、言うまでもなく負けを認めていないのであった・・・。
d0144077_1424931.gif

[PR]

by viewhotelseizan | 2008-05-30 01:42 | ★社長のタイのドキュメンタリー | Comments(0)
<< ポーターのケンにテンカオを・・・ 丘の上の尾道ゲストハウス 尾道... >>