<   2011年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

いやいやいや・・・

またこんな時間になっちまいました。

普段は日中は外で用事を

夕方からは厨房で

その後はフロントに

閉店後は事務仕事

と言う感じで、なかなか我が時間などは皆無に等しい

日々で御座いますが・・

やはりそんな中の渡タイは年一しか出来ませんが

私の中では頑張る励みである事は絶対的なので

御座います。

シリーズ続を書こうと思ったのですが、今日は何かと

遅くなってしまいました・・。

と言う訳で、タイで買ったバイクです。日本で買うより

格安です。これで渡タイ時の足には困りませんね。

車も良いですが、ちょい乗りにはやはりバイクですね。

日本で買うより全然格安です。

やはり 「ホンダ」 色々状況により、想いと違う選択を

しないといけない事も近日は増えてきましたが・・・

私の中では 「ホンダ」 永久不滅です。 「ホンダ命」

タイ・シーマハポートの 「ホンダ」 バイク屋さんです。

d0144077_3371183.jpg
d0144077_3372830.jpg
d0144077_3374015.jpg
d0144077_3375879.jpg


積載満載のトラックに・・・

d0144077_342163.jpg


なんじゃこりゃ・・・・

d0144077_3425072.jpg


すごい年季だ・・・

d0144077_3431415.jpg
d0144077_3433015.jpg


乗るのか?!お前乗るのか?!

d0144077_3442033.jpg


こんな 「粋」 な乗り方もあるんです!!

d0144077_345340.jpg


これは乗るもんじゃありません・・・

d0144077_3454570.jpg


そしてバンコクではいつもトゥクトゥク!この音がたまらんのです(涙)



ちなみにこれはうちのバタンコ



お後がよろしいようで・・・




つづく・・・・・
[PR]
by viewhotelseizan | 2011-03-31 04:03 | 社長のタイのドキュメンタリー | Comments(2)

スワナムプーン空港にて、義父が買ったばかりの新車に

乗り込みいざ出発!!タイでの運転も要領を掴んで来た

私ですが、タイ現地人ドライブにも引けを取らず爆走に

次ぐ大爆走で先を急ぎます。

d0144077_248233.jpg


交通量も祭日の為、心なし・・・いや、かなり多かった・・。やはり

マカブーチャがらみか・・。 そして腹減ったかも・・・。

と、言う訳で水上マーケットにて昼飯を食う事にしました。

しかし人が多い多い・・。ここはかの有名な水上マーケットとは違います。

むしろタイ人用の観光スポット的水上マーケットです。

d0144077_332484.jpg




しかしまぁ・・・人が多い多い・・・。

d0144077_372654.jpg


本当は無難にバンコクのソンブーンあたりで、B級グルメではなく、

美味しいシーフードをご馳走してやろうと考えていたのですが・・・

なんせ時間的に押してる押してる・・・・。エビアレルギーのスタッフWWに

でっかいエビでトドメを刺す闘わずして勝つ計画が台無しです。

d0144077_381962.jpg


でも少々小ぶりではありましたが、味の方は大満足級の美味しさでした。

こいつらごときには、この程度で充分だな。そう思った瞬間でした。



大食いとまでは言いませんが、程よくみんな食したのではないでしょうか。

d0144077_3133279.jpg
d0144077_313488.jpg
d0144077_3135645.jpg
d0144077_3142456.jpg

d0144077_314466.jpg


って言うか、人が多すぎて・・・こんな中で美味しく食べれるとしたら、東京暮らし

が長かった、スタッフSくらいでしょうかね。

d0144077_3224548.jpg


私は無理です・・・。

d0144077_3151364.jpg


しかももの凄く下手くそなカラオケ大会まで開催されておりました・・・。

消化を妨げる要因が満載です。早く脱出しなくては・・・・

まだまだシーマハポートへの道のりは続く、先を急がなければ・・・・



つづく・・・・・
[PR]
by viewhotelseizan | 2011-03-30 03:23 | 社長のタイのドキュメンタリー | Comments(2)

さてさて・・暫し空いてしまいました。

d0144077_2554948.jpg

d0144077_352140.jpg
d0144077_353571.jpg
d0144077_355263.jpg


朝飯にタイ麺を程よく食べた後はしばしバンコクにて

お買い物です。お店で販売する雑貨を少々仕入れねば

なりません。

いつものプラトゥーナームへトゥクトゥクGO!!

d0144077_2502231.jpg
d0144077_2503017.jpg


スタッフ達と小一時間別行動し、妻と仕入れに出かけます。

ただ・・・このスタッフ2人は好み趣味が正反対なのです。

デパートで・・・

スタッフS:「わ~色々あるぅ みたいみたい!!」

私:「買うのか?買うんだな?色々買うんだな?絶対だな?」

スタッフWW:「ここはどこ?私はだれ?人が多くて脳みそが溶けちゃいます・・」

私:「大丈夫だ。お前はもう 溶けている・・」

大丈夫なのか・・・

一時間後にデパートの玄関前だ!遅刻したら置いていく。命がけで帰還しろ!

と言う訳で暫しのお別れです。

d0144077_2532526.jpg
d0144077_253455.jpg


私たちはいつもの中国系家族の営む雑貨店へ。

もうあまりあちこち行きません、毎度の事なのでおばちゃんが覚えていてくれ、

面倒な値引き交渉も必要ないのです。ごそっと買いました、ごそっとです。

全くの出資無く楽しく?時間を潰していたようです・・・

出資なしです。

d0144077_2591034.jpg
d0144077_2592077.jpg


さて!行くか!!それではそろそろシーマハポートへ出陣しよう。

私たちは再びスワナムプーン空港の駐車場へ向ったのでした。

バンコク時間が少ないので、大エビ食いが出来ず仕舞いでした・・・。

少々無念でしたが先を急がねばなりません。

途中で水上マーケットへ寄って昼飯食おう!そんな感じで出発したのでした・・・。



つづく・・・・・
[PR]
by viewhotelseizan | 2011-03-29 03:05 | 社長のタイのドキュメンタリー | Comments(0)

Kinちゃんなかなか良い度胸でした。

来年までに日本語を何とか頑張って

日本の高校に入る予定です。

タイに帰りたい・・そうですが

自らの意思とは違いますが・・まぁこれも

運命。

頑張って日本語検定2級以上取れば

タイに帰ってからフォンちゃんみたいに

普通のお勤めより3倍のお給料が待ってるよ~!!

と元気付けたら!!

笑顔で「頑張る!!」と、言う事でした。

素直で良い子ですね(笑)

Kinちゃん、背が高いです。

私 「Kinちゃん、背が高いね。何を食べたらそんなになるの?」

Kin 「 みるく・・・  」

何事も決して 「出来ません」 と一言も言わないKinちゃん

ですが、強さを感じました(涙)

チェンライ出身のKinちゃんですが、明日もランチから頑張ります。

北の人多いですね・・。タイマッサ-ジMariのチーチャさんはパヤオ。

今日食べに来てくれた常連の、頑張るタイ人&美人の方もチェンライ。

日本人の若者さんたち、負けてないかい・・・

こんな今だからこそ頑張りましょう!!


2009年に行ったチェンライより

d0144077_3251100.jpg
d0144077_331217.jpg
d0144077_33447.jpg

[PR]
by viewhotelseizan | 2011-03-27 03:04 | タイ国料理タンタワン情報・企画 | Comments(0)

あしたのタンタワンは!

タイ国より Kinちゃん来日

お友達になってあげてね~!!

Kinちゃん頑張ります。
[PR]
by viewhotelseizan | 2011-03-26 03:23 | タイ国料理タンタワン情報・企画 | Comments(0)

チャンプ寺戸の残した道

最近杉原君がこの坂を走っています。

毎日見かけます。声を掛けると清々しく微笑みます。

しかしハートは燃えていますね。新空手で負けた屈辱

をしかと噛み締めて鍛錬に励んでおります。

これで良い。私はそう思うのであります。チャンプ寺戸も

そう言う筈です。何故ならば、チーム尾道の基本精神とは!!

          折れないハート

そう言うことなのです。その精神を養うに最適な道、この尾道

の坂道は外せぬ道であるのです。

誰が走らせるわけでもない。誰が号令をかけるわけではない。

自分自身で走る坂道は、都会のどんな充実したジムにも真似

の出来ぬトレーニングで御座います。

杉原君はただ1人っきりでこの坂道に向き合い、折れないハート

で走りぬく事でしょう。

チャンプ寺戸が走った坂道。ぶー田中日本一が走った、

そして泣いた坂道。杉原君は必ずややってくれるでしょう。

ただ足りないものがあります。チャンプ寺戸やぶー田中日本一が

地道にこなしてきたトレーニング。走るだけでは不完全。

この坂を 走ったならば レッドカレー

杉原君に足りない、勝利のアイテムがここにあります。はたしてカレは

その事に気付くでしょうか。ここがチャンプとの違いでしょう。

チャンプが走ったこの坂道

d0144077_2481951.jpg


ぶー田中日本一が走ったこの坂道

d0144077_2485459.jpg


杉原君も走るこの坂道



でもダメなのよ、杉原君。

タンタワンのレッドカレー!

d0144077_2513092.jpg


解っているのかい?杉原君よぉ~

d0144077_2535878.jpg



追伸

下りも走れよ、パンチ・キック時の踏み込みが抜群に安定するから。

唐辛子で 「勝」 の字を作ってパワーを与えたがぶー田中日本一は完食したぞ。

下痢で試合に出たがノックアウト勝利したぞ!!

頑張れよ。俺も頑張るから。



押忍
[PR]
by viewhotelseizan | 2011-03-26 02:58 | 社長の日常・たわ言等 | Comments(0)

さて、スタッフ合流のミッションをクリアーし、ソイ・カセムサンにある

定宿、パトゥムワンに無事到着して間もなくの事である。

厳しくも儚いアルコールお預け状態であったスタッフS。早速コンビニへと

毒素2を買出しに出かけたのであった。あまりにも飢えた状態のスタッフS

が、アルコールしか頭になくなり、トゥクトゥクに引かれて逝ってしまうか、

もしくは、ソイ・カセムサンのレノホテルあたりで転んで、閉店した屋台の

車輪のボルトで頭を突き刺し逝ってしまっては一大事であると考え、護衛

も兼ねて同行する事にしたのであった。

間が悪いとはこう言う事である。どんなにパワーがあってもタイミングがずれると

威力は半減するのと同じく、コンビニ到着時間が深夜12時を越えてしまってい

たのであった。そう、私も知らなかったのだが、12時過ぎるとお酒類は販売禁止

になっていたのであった・・・・・。

スタッフS 「あっ・・そうなんだ・・へぇ~・・・」 

平然を装いつつも、内心動揺を隠し切れないスタッフSであったが、私も実に心配

になったのである。

私の予想はこうである。このままではスタッフSはぶち切れてソイ・カセムサンを

笑いながら前転しながら前進しかねない・・・。そしてまたレノホテル前で警備員に

変質者扱いされ撃ち殺される可能性も出てくるかも知れない・・・。

何としてでも阻止しなくては・・・。 コンビニを後にした我々は90度に角を右折し、

いよいよソイ・カセムサンに突入しようとした矢先であった。その時私の視界にある

光景が飛び込んできたのであった!!

クリッタイ・マンションの1階でまだお客さんがビールを飲んでいるではないか!!

私は見逃さなかった。今回の標的はスタッフSであったが、闘いの基本はただ一点を

見つめていてはいけないのである。その周りの状況も常に察知しながら作戦を立て

なければ勝利への道は開けないのであった。私は提案した。

私 「ここでビールを売ってもらう事が出来るんではないだろうか!!」

皆は唖然とした表情で私を見つめた。私の脳みその素晴らしき回転と、その回転から

導かれるパーフェクトなアイデア、私への尊敬と敬意と、そして自分達の力の無さを

痛感した眼差しで私を見つめているのであった。善は急げ、早速クリッタイ・マンションへ

突入である!! ちなみに私がコンビニで買って来たのは豆乳である。少しニュアンス

が似ているのである。

私の素晴らしきアイデアは見事に的中し、見事スタッフSにアルコールを与える事に

成功したのであった。さぁ、帰ってしっかり飲めば良い。私たちはやっと安心してパトゥム

ワンへと引き上げていったのであった・・・

d0144077_385121.jpg


ふぅ~・・・・。やっと今日は落ち着けるか。私は心からそう思った。

そして私が何よりも恋しかったのはこれである。

d0144077_3122242.jpg


やっと出来る・・・ もうひとフンバリなのである・・・。

私は翌日の体力的なことも考え、75%の排出にとどめて置いた事は言うまでもない事である。

私は全てに計算高い。戦場で生き残るには、瞬時に計算し、答えを算出できなくていけない

のである。

そしてよく眠れなかったあくる日・・・今日はまたシーマハポートへの移動である。

移動は大変疲れるものである・・・。しかし行かなくては行けない、腹は決まっていた。

その為の75%排出なのであるから。

アルコールが効いてぐっすり眠れたのか、スタッフSが朝早くからホテルからの脱出を

試みていた。みんな寝ていると思い込んでいたのであろう。浅はかとはこう言う事である。

私が定宿にしているこのパトゥムワンでは、前回も述べたが、客室のテレビとホテル館内

の監視システムがリンクされており、室内にいながらのテレビで館内の様子を伺う事が出来る

のである。私にはスタッフどもも泊めているこのホテル全体を警護する任務もあり、寝る間も

惜しんでこの監視システムと向き合っていたのであった。私はモニターに写ったスタッフSを

追跡したのであった。

d0144077_3261489.jpg


非常に疲れてしまい、ばかばかしいのでこの辺でやめることにした・・・。もっと早くやめれば

良かったと後悔してしまったのであった・・。

さて、気を取り直して朝飯でも食いに行くか!!と言う事で、この素晴らしい宿を後にしたの

である。

d0144077_3285530.jpg
d0144077_329125.jpg


やはり朝は麺に限る。私たちは通りの食堂へとしけ込んでいったのであった。

d0144077_3312093.jpg


大変美味しい朝飯であった。お腹の調子もなかなか良さそうな今日この頃であった~・・




つづく・・・・
[PR]
by viewhotelseizan | 2011-03-25 18:11 | 社長のタイのドキュメンタリー | Comments(0)

さて、震災の本当の正念場であるこんにち。私の渡タイ記など書く気も

おこらぬ日々では御座いましたが・・・・ 日本の心は皆共にあらんことを。

では、引き続き書かせて頂きます。

押忍


サケーオにてしばし本来予定していた段取りをこなしつつも、はやこの日が

やって参りました。今期はみんなよく頑張ってくれて、それだけでは当たり前

ですが、現実に結果を出して終わりを迎えようとしている最中、最終の〆段階

のこんにちではあったが、私の綿密な、2ヶ月に渡る一日と欠かさぬ計画計算

の成果も出て、当初より約束していた「パーパイタイ計画」が見事発令された訳

であった。日本語にすると、「タイへ連れて行く計画」と言う事である。

最後の最後まで数字を追い、もうこれでもか!と言うくらい計算をし終えたその

瞬間の事である。


私: タイへ行くか? 今すぐ決めろ

で、始まった訳で御座います。

皆: えぇ~!急ですね・・・

これが当初の反応である。 


何事も 「こと」 は、突然やってくる。そう言うものなのである。

理屈は聞かなかった。ただ連れて行くだけである。私的にはそれ以前にとうに計画は

あったのである。まず、この度1階の外国人旅行者用ドミトリーを完成させた訳だが、

その過程において、改修作業の一部をやってもらう。休みを返上してである。

その作業費を算出し、タイでのお小遣いにしてもらう計画であった。改修作業の一環

であるから会社には負担を掛ける事はない、そしてその分の費用を個々に得る事が出来る。

後は航空券である。通常は、会社で毎月給料てんびき積み立てをし、不足分を会社で算出

すると言うシャバイ手法で費用を生み出すのが「常」であるが、私には「常」を越える事こそ

が醍醐味である。と、考えているのである。「全額算出上等!」これが男の醍醐味なのである。

そして、2週間ほど会社をお休みさせて頂くのであるが・・そのお休み期間分をも、所得を

削らぬよう賞与でカバーする完璧な計画を完成させたのであった。

もちろん私自身は何の恩恵も無い。代表者とはそこに執着してはいけない、

おのれで繰り広げた、その先の素晴らしき世界に醍醐味を抱かなくてはならないのである。

自身の中では「快挙」であった。この名誉感は達成したものでないと解らぬ快挙であった。

しかし、その時点で新たなチャレンジの始まりでもあり、私はその向こうをすでに見ていた

のであった。

私と妻は、シーマハポートにいったん戻り、店の雑貨などの仕入れも少し済ませつつ、

リフレッシュの為私はタイマッサージを 妻は例の如く美容院でシャンプーを・・・・

新しく出来たタイマッサージ店であったが、なかなか良い感じで、「明日日本から来た

スタッフも連れてくるよ」と、約束をしてバンコクへと向ったのであった。

このタイマッサージ店との約束は、翌日見事に破られたのであった・・・・・。理由は特に無い。

そう言うことである。マッサージ店のスタッフ達は、世は無情である事を学習する事になった

事であろう。いいことである。

私たちはバンコク、スワナムプーン空港に着くと、またそこに車を停め、地下鉄に乗って

市内に向った。まずは宿泊場所の確保である。もちろん、ソイ・カセムサン1のパトムワン

d0144077_015451.jpg


である事は言うまでもない。何故なら私がそう決めているからである。断じて譲る事はありえ

ない。向き合う敵は倒すのみである。 

そうして2部屋を確保し、私たちは疲れて寝ちゃったのであった・・・・。

目が覚めた私たちはマズイ状況下にいた。。。妻は咳が止まらず、私はうんこが止まらなかった。

このままでは遅刻をしてしまう・・・。 このパトムワンでは室内のテレビが館内の監視カメラと

リンクされており、自分の部屋のテレビで館内の状況を把握する事が出来るシステムとなって

いるのであった。私は迎えに出発する前にも慎重にこの監視カメラで館内の状況を監視し、

ホテルからの脱出ルート計画を練っていたのであった。

d0144077_05296.jpg


言うまでもない事である。そんな事をしていたが為に案の定遅刻してしまったのであった・・。

落ち合う場所は、例の如く「リーカフェ」である。待ち合わせには最高のポジショニングのお店

であった。ただ断っておくが、待ち合わせだけに使うと言う非道な行為を繰り返してはいけない。

食事も美味しいので、是非たまには食べてやって欲しい。ここがなくなると日本にみんなには

損失であるはずだ。私はそう思う。

d0144077_07623.jpg


リーカフェに着くと1人のスタッフの姿を確認できた。ただ安易に近寄らず、トラップの仕掛けが

無いか充分に確認しなければならない。誰一人として信用してはならない。それが戦場である。

トラップが無い事を確認し、私はそのスタッフの4時の方向から静かに近付いて行ったので

あった。そこには1週間見ない間に少し肥えた、スタッフSが私たちを待っていたのであった。

d0144077_23491725.jpg


Sは私の姿を見ると深々とお辞儀し、感謝の念を表し武士道を全うした。元気そうで何より

である。苦しゅうない、では出発するとするか! いや、待てよ・・・。もう1人来ている筈だ! 

タイに来てまでやはりこいつは私を困らせるのか・・・。急いで私はもう1人のスタッフ、

商店街で自転車に乗り、人ごみの中をジグザグ走行して人々に迷惑をかける女、

ホワイトウォーターこと、WWの救出に向ったのであった。すると案の定、WWは長時間

に渡る飛行機の旅に毒素エネルギーが切れかけ、いそいそといっぷくしていたのであった・・。

そして私が即座に救出しようとした矢先、実は私の事が怖いWWは笑いながら逃亡した

のであった。厄介である・・・。

d0144077_002537.jpg


そうして何とか取り押さえたWWを連れ、ソイ・カセムサンにある宿、パトゥムワンへと

向ったのであった・・・。

d0144077_083548.jpg
d0144077_085261.jpg
d0144077_09441.jpg


闘いは終わりが見えない・・・ だが私は常に前進する。私はまだまだ強くなる・・・。



つづく・・・・
[PR]
by viewhotelseizan | 2011-03-24 00:09 | 社長のタイのドキュメンタリー | Comments(0)

大変な事態で御座います。

私の渡タイ記など書いてる場合で

は御座いません。

謹んでお見舞い申し上げると共に、

心よりご冥福をお祈り致します。

そして救援部隊の国内外の皆様に

大変感謝致しております。

命がけで闘っております原発の方々

にも心から声援をお送りさせて頂きます。



押忍
[PR]
by viewhotelseizan | 2011-03-14 20:41 | 社長の日常・たわ言等 | Comments(2)

しかしどうこう言っても、実物のバンガローを見れた事は良かった。

写真は常々送ってもらってはいたんだが、やはり実物を見ないと・・

と言う想いが叶ったひと時であった。

室内の広さも把握できた。以前、図面を送って欲しい。と言う私の依頼に

対し、鉛筆でバンガローの絵を書いて送ってきた時にはさすがに凹んだ・・

バカにされているのか、それともその人がバカなのか1週間は悩んだもの

である・・・。しかしまぁ実物は荒さはあるが、なかなかお洒落なものであった。

d0144077_3441874.jpg
d0144077_3443358.jpg


さて、サケーオ宅に到着した時にはさすがに少々くたびれたが・・・。。

市長さんを自宅まで送り、丁重にお礼をした後、少し市長宅となりにある

ムエタイジムを見て帰った。まだ完成していないのだが・・タイでは現金命、

お金が出来ると、そのお金分ずつジムの完成度を上げていくのである。

地道な作業である。この市長さんだからこそ、このようなコツコツとした計画

を進めて行く事が出来るのだろう。揺るぎなき強い想いである。私はそう思った。

そんな男気ある市長さんが私は好きである。 

体臭が少しだけ うんこ臭い。 少しだけである。

昔のムエタイジム

d0144077_2535915.jpg
d0144077_254231.jpg
d0144077_2551290.jpg
d0144077_2553594.jpg


今コツコツ仕上げて行っているムエタイジム

d0144077_2594933.jpg
d0144077_301813.jpg
d0144077_304248.jpg
d0144077_30581.jpg


良い環境である。市長さんは私の計画にも深く賛同してくれ、また現地の子供たち

のナックモエ(ムエタイ選手)の中からチャンピオンを生み出そうと強い想いも

抱いている。良いコーチを迎える事が出来るよう、私も是非一役買いたいものである。

心底そう思ったのであった。

最近はタイでも、女性のナックモエも増えて来ている。 可愛い選手も結構いるようだ。

そんなの見た日にゃ 女性だけに

ナック萌え~  ・・・・・ なんちゃって・・


ムエタイジムで無邪気に遊んでいるこの女の子たちの中からも、もしかしたら!!

とか想いながらも、私も志を改めてハートに叩き込んだのであった。

d0144077_316796.jpg


そんな事を考えていたらいても立ってもいられなくなり・・・・



また私の悪い癖でもあり、良い所?でもあるが・・早速その子たちをもイジルことにした。



子供たちは純粋で良いなぁ~・・・。こんなハートを持った「大人」が良いと思う。

嫌なのは 大人の顔をした「子供」 要するに、「老けた子供」である。

理由は簡単である。 「可愛くない」 そう言うことである。 人は幾つになっても 「可愛げ」

が必要である。 私は心底そう思うのである。 

我が家に帰ると、義母が鶏をバタバタさせていた。 なんだろう??と覗いてみると、義母は

私を見て笑っている。 なんだ?? まぁいいか・・・。 私は夕食までの間、犬どもと戯れて

いた。

d0144077_3272558.jpg


そして夕食が出来てみると・・・・・

こいつらの中の一羽であった・・・・

d0144077_3284864.jpg


なるほど・・・・


さて、明日はまたシーマハポートで店の物の買出しである。 そしていよいよ うちの

スタッフどもがタイ入りする日である。 またバンコクへ出向くとするか!! 第二弾の

幕開け、気合を入れて挑むとしよう!!




つづく・・・・・・
[PR]
by viewhotelseizan | 2011-03-11 15:50 | 社長のタイのドキュメンタリー | Comments(6)