尾道アジアンゲストハウス ビュウホテルセイザン&タイ国料理タンタワン


尾道は丘の上のアジアンゲストハウス(^_-)-☆ 尾道のファッキンリトルタイランド!(^^)!
by viewhotelseizan
カテゴリ
最新の記事
★ 尾道ビュウホテルセイザン..
at 2017-08-04 02:48
尾道 住吉 花火大会
at 2017-07-22 04:59
俺の闘い②・・・義
at 2017-07-09 20:07
俺の闘い①・・・緊急事態
at 2017-07-07 20:57
俺の旅⑥
at 2017-07-06 14:33
最新のコメント
以前の記事
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:社長の日常・たわ言等( 254 )


俺の闘い②・・・義

Hello!Bochan.Jochan&Ipha\(^^)/

お元気ですか? 夏は今から
何かと群がる季節なのでしょ
うね(;´д`)

自分に負けてはいけない。
自分をごまかしてはダメだ。
亡き館長はよくそんな事を言っ
ておられました。
しんどいから、疲れたから、と
言って逃げる人には安息の地は
ありません。
それに共感した私は短い歳月で
はありましたが、共に若い選手
達と汗を流し、時に共に苦しみ、
共に喜び過ごしていたものでした。

先生と私は、共に貧乏でしたが、
ハートは満たされていたもので
御座います。

そんな折り、若い選手たちは、
一生懸命自らが挑戦し、そして
努力し、また辛抱しながらも
決してラッキーなど考えず、確
実に踏みしめながら階段を登り、
揺るぎない栄冠を勝ち取って
行ったのでした。

よく才能と言いますが、それは
自らが、挑戦し、努力し、辛抱
する事も立派な、簡単には真似
の出来ない才能で御座います。

そんな中の一人でもあり、また
その才能に、義の精神をプラス
した、誰もが認めざるおえない
伝説を積み上げてきた王者が
おりました。勝ち取ったベルト
の数ももう5本?6本?もある
と思いますが、これは決して
ラッキー!では叶いません。
根底にあるのは、まさに「義」
の精神。彼は先生の葬儀の場で
公然と、「チャンピオンになります」
と宣言し、それを実証したのでした。

今もなお、現役のチャンピオン。
その名は!

寺戸 伸近

彼は毎試合、うちのタイ料理タンタ
ワンのロゴを自分のトランクスに入れ、
一緒に闘ってくれている訳です。
ご恩と言って、沢山の勇気や感動を
与えて、私を元気づけてくれたもの
でした。

さて、想い出話はこの辺で(^∇^)
そんなチャンプが、私の最高評価級
の、芋羊羹を送ってくれました!
ガラにもなくスイーツにうるさい彼
のチョイスはなかなかのもので、
いつも持ってきてくれるスイーツは
高レベルなのです。いやいや、なか
なか。東京はウマくて高レベルな
スイーツに溢れていますね。

この芋羊羹は最高ですよ!みなさんも
ぜひ一度食べてみてください\(^^)/

ま〜た食べたいなぁ〜(^0_0^)
その内ま〜た。。

押忍

d0144077_20135931.jpg

d0144077_20140725.jpg

d0144077_20141724.jpg

d0144077_20142625.jpg

[PR]

by viewhotelseizan | 2017-07-09 20:07 | 社長の日常・たわ言等 | Comments(0)

俺の闘い①・・・緊急事態

別府、湯布院物語りを引っばっち
まったけど、もうお仕舞い。

元々は、三日間お休みして、厨房
の換気扇とオイルフィルターを
新しく作り替える予定だったのさ。

でも、計画してそれを伝えて、その
日程で出来るって事も確認して、そ
れで休んでたんだけどね・・・。
全然控えてないし、日程も全く気に
してなかったのか、覚えてなかった
のですよ。

で、せっかくの休みだから、もう急
に営業します!って出来ないわけ。
理由?そりゃスタッフさんも三連休
だぁ!って事で、それぞれ旅したり
、どっか行ったり計画も出来上がっ
てた訳だから、急に「やっぱ休むの
や〜めた!」って出きるわけもねえ
って事で、別府、湯布院旅となった
のでした。

でっ!本命が6月後半の1weak休暇。
これが、年2回のオフシーズン旅
休暇!って事でみんな色々な計画も
立ててた事とは思うのです・・・が、

まぁ〜たやっちまいました(ToT)
うちの身内事ですが・・問題児
の兄貴の最終章。。

去年の夏に飲み過ぎで入院して
、クリスマスイブに車に引かれ、
ボロ雑巾状態でもうダメかと思
えば、ゾンビのように起き上が
り・・。

おれ、車が当たる瞬間たぶん
ジャンプしたんやと思うわ、
だから助かったんやろう、ほ
ら昔から運動神経良いやん?
おれ。って感じで・・・

で、勝手に治ったから来週退院
するから、とドクターや看護師
さんを困らせ、転院させてリハ
やらそうと思うと、あそこはイ
ヤや!ここは好かん!など(ToT)
あげくの果てには、逆におれの
どこが悪いんや?片目が見えんだ
けで、体は何ともないやんけ!
って事で・・

結局は、もう好きなようにせい。
と言ってお好きなようにされた
のですが。

それから四ヶ月後・・まったく
季節のごとく四ヶ月単位で問題
を起こします。。って事で、お
休みはタイか沖縄に行こうと思
ってましたが、また急遽大阪に。
これで問題児の最終章。。

いや〜・・悪いけど、大阪って
本当に行きたくないってか嫌い。
普通に遊びに行けば楽しいんで
しょうけどね(;´д`) でも関西風
の兄貴のあのテンションも嫌い。
まあ、みんながみんにじゃない
んでしょうけどね。。で、家族
もみんな来たんだが、その後は
私だけ残り、後の片付けをして
、整理の段取りだけはして、帰
ったのだが、三日間費やしちま
った。まあ1週間いるつもりだっ
たので、予定よりは早く引き上げ
たのは引き上げた。
ちょーハードだったので、疲れ
まくったし、何とも言えない空し
さに時折襲われつつ、でもハード
だったので、それどころじゃない
感にも襲われた。そう言う事態
であった。

で、嫌なことはこの辺で、、
良かったのは、また興味が
あったのは、やはり宿。
天満駅のすぐ近くにそれは
あった。親戚は、あーあそこね、
う〜ん・・・と言っていたので
、じゃあちょっと見てくる\(^^)/
って見に行ったのだった。

そこは昭和の世界だった、エント
ランスは昭和の洋風で、中は喫茶店。
で、その隅っこにホテルの受付けが。
そこの女性スタッフさんは、優雅に
喫茶店のドリンクを作り、そして
宿泊客の応対もしていた。しかも
小さな一人しか入れないバックルー
ムにはPCがあり、そこで空室管理
もしていたのだった。館内には愛猫
が練り歩き、宿泊客からも人気者で
可愛がられていた。

な、、なんだか、面白いぞー!!
と、思った。

前日に在り来たりな、ア◯ホテルに
泊まっていたので、悪いけど全く
面白くなさ感に覆われていたが、
いや〜・・これが宿よ、宿って
こんなのよ(^∇^) と、エキサイテ
ィング&リラックス感に浸っていっ
たのである。

結局、延泊して2泊したのだった。

ホテルを出ると、すぐ横がコンビニ。
すぐ裏が駅、すぐ隣の通りが商店街。
何も不自由がない、勝利の方程式が
全て揃った完璧ないや、完全な宿だ。
ビジネスホテルって書いてあるけど、
それはカモフラージュで、日本風勘
違いねドミトリー=ゲストハウスでは
なく、日本でバックパッカーと言う
ネーミングが広がる以前の20年以上
前の、ほんとのアジアンゲストハウ
スだ。うちと同じである。うちより
個性は少ないが、日本ではあっちの
方がマッチしている。そんな宿だ。

その名はダイキ、ホテルダイキ。
ダイキの意味はわからない、いっ
たいどこから来て、どう言う道を
通ってきたのだろう。いや、知ら
ない方がワクワクする。そう言う
時もある。

商店街を歩くと、名刺10分仕上が
りって看板があったので、おぉ!
これはイイね!って思い入ってみ
た。

10分で出来るんですか?

いや、とても10分じゃ出来へん。

・・・・・。

では何分で?

モノによる。

どんなモノがありますか?

どんなモノがええねや?

・・・・・。

簡単にこれだけ入れてもらっ
たら大丈夫ですよ。

ニコニコ♪それやったらイケるわ。

何分で?

ん〜・・・そうやなぁ。。

まあ良いですよ、飯食って
来るので、小一時間は帰って来ない
ので。

それならイケるわ!

じゃあお願いします。って感じで、
実はこのお母さん、ペットのワンち
ゃんと一緒に尾道にも旅行に来た事
があるんですって。

で、必勝ホテルダイキに戻り、
エビピラフとコーラのセット
700円を食べて、名刺を受け
取り、尾道へと引き上げて行
ったのであった。

一言で言うと、あまり普段は経験
出来ないハードさと、クタクタ感
だった。それが全てだ。

まだまだ後始末は続く。たぶん
終わったら空しさしかないだろう。
それは以前にも経験した。

私は大丈夫だ。それしか道は
ない。通るべき道を避けず、
逃げずに通るだけである。



押忍

d0144077_00394547.jpg

d0144077_00395428.jpg

d0144077_00400584.jpg

d0144077_00401266.jpg
d0144077_00402422.jpg

d0144077_00403660.jpg

d0144077_00404792.jpg

d0144077_00405485.jpg

d0144077_00411843.jpg

d0144077_00412389.jpg







[PR]

by viewhotelseizan | 2017-07-07 20:57 | 社長の日常・たわ言等 | Comments(0)

俺の旅⑤

写真が巨大すぎる!
そんな心境の朝方だ。

早起きなのか?
とんでもない・・・仕事さ、仕事。

疲れたが、湯布院の話の続きを
少ししておこう。

憧れの金燐湖周辺をお散歩した
時の話だ。
って言うか、実は予めリサーチ
はしていたのさ。基地探しのね。




まあ言わば最高さ!ここはまさ
に俺にとっては新天地レベルさ。
だが無理なんだ、、無理と決め
つけてしまうのは嫌いだし、
ハートが折れたわけでもない。
説明して理解してもらうのは
とても難しい事だと思う。

俺を、俺の生き様を今一度振り
帰って見てくれ。そして信じて
くれ。

無理だ。

と言う訳で、&大好きなここへ
行ってみた。可愛すぎて震えた
しかも腹が減っている。

たいへんな状況である。


押忍

d0144077_05225179.jpg
d0144077_05230215.jpg

d0144077_05231416.jpg
d0144077_05233440.jpg




[PR]

by viewhotelseizan | 2017-06-20 05:03 | 社長の日常・たわ言等 | Comments(0)

俺の旅④

また飛んじまった・・・(-_-;)
申しわけないm(__)m

と言う訳で、別府の基地探しを済ませ、次の目的地の湯布院に向かった。
湯布院なのか、由布院なのか分からない。しかし向かった。

もう日が暮れていたので、日中ならば爽快な山景色道なはずなのに暗闇
の山道走行になっちまった。夜はあまり楽しくない道だった。

途中ガソリンスタンドで泊まる宿を探し、何とか確保した。それは
ミユージアム宿らしい。




俺はあれなんだ、貴重な時間に貴重な旅行と言う貴重な体験をさせてもらう時には、

兎に角楽しくて仕方がない。どこも良い宿だが仮に悪い所があったとしても、

それがまたスパイスとなり、そして想い出を増幅させてくれる。


なので、どこの宿もよっぽどの事がない限り満点なのである。もちろん、ここは

そんなの関係なく満点だった。まず人がいい、満点委は充分な理由だ。


湯布院には夜の9時前に着いたが、あまりお店が開いてない。勿論開いてる店はある。

焼肉屋さんや、焼肉屋さんだ。その時はあまり焼肉は食べたくなかったので、旅の屈辱

である、コンビニ飯で済ませてしまった。。だが安心してほしい、次の日の闘志が

燃え上がるだけの話だ。で、鶏の天ぷら弁当を買って食べた。


後で考えたのだが、それなら焼肉でもよかったんじゃないか?そう思った。


しかし人生は必然である。なぜならその時にはまだ考えてはいなかったが、次の日は

ステーキ丼を食べたからだ。しかもとびっきり美味いステーキ丼なのである。


順調である。


宿の温泉は24時間入れる。とても助かる、一休みした私は温泉に入った。

夜中の1時半、貸し切りである。


d0144077_02254536.jpg


これが温泉の正しい浸かり方だ。俺流だが・・・。


ところで写真を撮ってすみませんm(__)m 完全に人がいない時しか撮りませんので

どうか許して下さい。


いやぁ~今日も良い宿だった。


翌朝は楽しみにしていた、大好きな金鱗湖周辺を散策したのだった。

ここのカフェの朝飯は絶品だ。うまいぞ~!!

d0144077_02330896.jpg

d0144077_02322601.jpg


d0144077_02372831.jpg
d0144077_02380508.jpg

押忍
























[PR]

by viewhotelseizan | 2017-06-19 02:41 | 社長の日常・たわ言等 | Comments(0)

俺の旅③

ってな訳で、温泉スチームでの調理は最高だが、やはり特にスチームでは素材が良くないと残念だ。質だけではなく、スチーム料理に適した食材の追求が要である。野菜は最高に美味かった。チマキも当然最高だ。だが海鮮は貝は良いのだが魚は白身魚が良い。個人的にはだが。そして出来れば冷凍じゃない方が良い。あと蒸しすぎはいかん、これは大事だ。だが発想はパーフェクトだ。しかし食後に自分で皿洗いするのは嫌だ。個人的にはだが。思うに街起こしてきな要素がウエイトをしめている事と存じますが、どうかBochan.Jochan&Ipha以外の民間の企業のかたの知恵と力を借りて、よりクオリティーの高いモノにして頂きたい。また行くから。



d0144077_08311198.jpg

d0144077_00472974.jpg
d0144077_00475294.jpg



https://youtu.be/8NouAyibbZY
さて、次は基地探しだ。さっさと行かないと!で、、、ネットであらかじめリサーチしていて、詳しい位置は分からなかったが、案外たやすく見つけることが出来た。

d0144077_00480404.jpg
d0144077_00481358.jpg

d0144077_00482093.jpg



基地探しの最後に、リサーチ中もっとも安価な物件にたどり着いたとき、事件は起こった。

別府でリサーチしたとこは、どこも駐車場がなくて、こりゃいかんなぁ〜と思ってた矢先、真向かいにコンビニがあった。コンビニとかガソリンスタンドとか、銀行とか郵便局とか周りにあるので便利なのは便利だ。という訳でコンビニで買い物して、真向かいから覗き込むように・・・ってとたんにそのコンビニに警察車両とお巡りさんが6〜7人だだーと集結し、俺の最安値物件に突入していった。アゴがガクーンと崩れ落ちた。

最安値物件は一階だが、お巡りさんは上の階へなだれ込んで行ったので、店舗の上のマンションに住んでる誰かが的なんだろう。日本人かもしれないし、外国人かもしれない。俺の予想は、お巡りさんの顔にそんなに緊張感がなかったので、外国人も多いので、不法滞在とかそんなのかなぁ〜とか思った。あくまで俺の予想だ。独断と偏見であるから気にしないで欲しい。

だが、俺はそうではなかった。気にしたのであった。なので、その物件は視察せずその場を去ったのである。

デパートに入ってうんこをした。その間嫁さんは洋服を見ていて、俺が出てくると洋服を買うことになった。2980円だ。デパートのカードを作りませんか?と言われたが、実は旅の途中で、今まさにトイレで踏ん張ってた間の出来事だったのだ。と、店員さんに正直に告げた。店員さんは、それはそれは!と微笑んでいた。が、三点買うと二割引だと言われ、素直に三点買ってしまった。2980円が、8860円に膨れ上がった。

高いうんこになったものだ。

そう思った。

そうして次の目的地、湯布院へ向かうのだが、けっこう夜になるまでぐずぐずしていた。で、気持ちよいはずの湯布院への山道が暗闇で恐怖さえ覚える道となった。なんとか、宿を ネットで予約し、晩飯は屈辱的に旅中初のコンビニ飯となった。ありえねぇ〜・・しかし湯布院は日が暮れたらほとんど店がしまる。これはいけないよ、いけないよ。

嫁さんはくたびれて、風呂にも入らず寝入ってしまった。俺は?いっとき寝入ってたが、立ち上がり、温泉に入ったのさ。

d0144077_00483086.jpg
d0144077_00484943.jpg

d0144077_00485869.jpg
d0144077_00491735.jpg




押忍




[PR]

by viewhotelseizan | 2017-06-04 22:17 | 社長の日常・たわ言等 | Comments(0)

俺の旅②

別府二日目、明日もう帰ります。別府港からフェリーで四国経由すると、運転する距離数が100㎞くらい減ります。

時間は少し増えますが、楽かな〜と思ってたんですが、嫁さんがやまなみハイウェイの途中のお花畑を見たいって言うので、結局走ることにしました。

まあまずは夜が明けて、ここを最後に視ていかないと。ってか、別府もそこそこ泥臭かったので、むしろここの方が良いのかなあ?とか想いもあります。別府まで遠くはないし。

おっと!それはそうと、ここって言うのはアレですよ、湯布院です。湯布院と由布院がまだよく把握出来てないです。もう一日いたいですけどね、二日じゃなくて一日。

現段階でこの別府界隈、もしかしたら九州全土かもしれませんが、旅行者も住んでる外国人も韓国の方がめちゃ多いですね。高崎山に寄ったときも、日本人俺一人、タイ人嫁一人、あと全員韓国人って言う状況下に置かれました。

そう言えば、数年前タイのプーケットの孤島に向かうスピードボートの中で、日本人俺一人、タイ人嫁一人、あと全員中国人って言う境遇にも合いました。

でも多いのは多いんでしょうが、ヨーロピアンさんと違い、アジアンさん達は、割と同国人で群がって生活するって習性があるので、余計に多く感じるのかもしれません。

ボートを降りるとき、謝唯謝唯と言われ、アイムジャパニーズ(^_^;)って言ったことがありました。

まあその辺にして、今回の別府基地案的視察旅も最終章。今日は由布院、金燐湖横のミュージアム宿でひと休みっす。
夜8時過ぎにインして飯無しプラン、ってかその時間はこの由布院ほとんど店も開いてません。昼の街ってことで、ここでのワーキングは、夜寝れる街ってことで。

せっかくの俺の旅、晩飯をコンビニって屈辱を初めて味わいました。不覚です。ついでに言わせてもらうと、昼はテレビでも見た、地獄蒸し食いましたが、温泉スチームで調理ってとこは良いのですが、一盛り3000円の海鮮薦めっぽいのでオーダーしましたが、素材が・・すみませんが、玉子と野菜蒸しは美味かったですが海鮮は不味かったです。まあ好みですよ、あくまでも。俺は魚は白身魚で生の方がよかった、エビはオマール要らないっす。ロブスターかな?どっちも要らないっす。牡蠣とハマグリとサザエは蒸しすぎで、最後に自分でお皿洗って帰るって、無理矢理な体験モードは好きじゃなかったっす。一部の海外客様があまりにもお行儀が悪いので、それで体験モード?なんでしょうかね。すみません、俺的にはの話です、別府の皆さん。


押忍

d0144077_03073364.jpg
d0144077_03074237.jpg
d0144077_03074632.jpg

d0144077_03075333.jpg
d0144077_03081408.jpg
d0144077_03081714.jpg
d0144077_08310466.jpg
d0144077_08311198.jpg
d0144077_08311682.jpg
d0144077_08312151.jpg


[PR]

by viewhotelseizan | 2017-06-02 01:38 | 社長の日常・たわ言等 | Comments(0)

俺の旅①

てな訳で、他のみんなにお留守番させて旅に出た。ってか基地を造りたい。

うちの家族はヤバイので参る。親父が逝った後、必死で命を懸けて家と会社を護って50前まで来たのである。

もう一瞬で護りきった、ってなる頃になって突然残った奴らがポンコツ化して、いや、まあいい。とにかく俺の一生を後始末屋さんにしようとしているので、その打開策である。

って訳で、毎日温泉に入って、ちゃんと夜寝て朝起きて、お休みがある生活がしたい。そう思ったら別府に来た。それに親戚もいる。

別府って割と交通の便が良くはない気がする。北九から国道に出て、で、また高速乗る。一車線で暗い道。で、新幹線が無いのが不思議。ってかなぜ尾道にあるのかも不思議。

で、来てみてやはり思った通り。外国人いっぱい。観光できてるし、留学で住んでる。タイ料理をよその店で食べてみたいので、こんな時にはその街のタイ料理屋さんに行く。で、色々教えてくれた。

留学生もタイ人だけで300人ほど?そりゃすげえ。街にタイ料理屋さん5件くらい?で300人。あとは100ヵ国以上の学生さん。それにプラスして観光客と住人たち。

中途半端な街では、コテコテ厳禁、あっさり目のタイ風カフェとかアジアン(全般)創作料理居酒屋などが良いのだが、ここではストレートなのが良いのだろう。そう実感した。

個人経営タイ料理店は、コンパクトにゆる〜くやる場合が多いが、このタイ料理店は、どうこう言ってもかなりの広さ、ニップン主人にクンタイ奥様、クンタイシェフにクンタイ学生スタッフさんも複数で、またクンタイシェフの増員もされるってので、これはどうみてもそのコテコテ商売が成り立つ街って感じなんだろうなぁ。そう思った。

で、お料理は?と言えば、クンタイ好みなのと、クンタイから見て外国人が好きそうなメニュー構成で、それはそれで良いんじゃないでしょうか。って感じ。

話は変わるが、本当にここに住んでる外国人さん達が来る店なんでしょうね。車で行ったけど駐車場らしきものはなく、結局空き店舗のパーキングに置かせといて貰って!ってマスターに言われ、それに従った。が!横でなんかのバーのおじさんがずーと俺を見ていた。

うぜえ!と思った俺は、なんかあるの?何で見てるの?って聞いてみました。すると?
そこはその店の駐車場じゃないよ!って言われた。

ん〜・・・あのさ、初めて来た俺にそれ言っても知るわけないじゃん?お店の人がそうしろって言ったんどから。って言うと、呆れたように、それは変!おかしい!おかしい!って言いながら店に帰って行った。

ってか、暇なんでしょうね。ダメな奴が妬んだ時に表れる、うざいやらし病だな。しかし、駐車場なしってのも参るなあ、満車じゃなくて、無いんだもの。。お客さんがこの街の留学生に特化し過ぎると、確かにいらないよなぁ、パーキング。そうなんだろうな。

で、マスターいわく、外であった変なおっさん、嫌がらせなんですって。でしょうね、でも確かにパーキングないからその辺にってのもマズイだろうな。それは思った。

d0144077_02251706.jpg


ってな訳で、こんな一日だった。尾道から400㌔ちょっとかな?3回休憩入れて6時間かかったなあ。けっこうくたびれた、が、〆は必殺温泉である。

ふふふふふ・・・



押忍

d0144077_02252189.jpg
d0144077_02252232.jpg

d0144077_02252488.jpg
d0144077_02252656.jpg

[PR]

by viewhotelseizan | 2017-06-01 02:16 | 社長の日常・たわ言等 | Comments(0)

しゃしん

ん〜・・・・・

どうして写真がひっくり返るのか。。

しってるかたいますか?


押忍
[PR]

by viewhotelseizan | 2016-07-12 16:49 | 社長の日常・たわ言等 | Comments(0)

5月のお休み⑤

明日は税理士さんが来るので、つづき・・・

2日目つづきのつづき

山賊を後にして岩国市街に侵入しました。
ん~・・・街をどう表現していいかわからない。
尾道より都会(●´ω`●)  で、でっかいビジネス
ホテルへ到着200室強だったかな?そんな感じ。

フロントが4人くらいいて、年配の男性も若い男性
もいい感じ(^^♪ 女性より男性陣の方がホスピタリ
ティで意外でした。。すみません意外でm(__)m

Wi-Fiがなくて残念でしたが、駐車場は広いし、
敷地内にコンビニあるし、飲食店あるし、館内に
食道と居酒屋あるし、少し外れの国道沿いでも
何処にも行かなくてもここだけで済んじゃう~♫
って守りは完璧。なるほどねぇ~・・・うちとは
違うわ。。(T_T) でも過去の人生から考えてし
まうのは! こんなところにどうやって勝つか!
それしかありません<`ヘ´> でなければ今頃ここで
こんなこと書いてはいません。と~に逝ってること
でしょう。

強いもんが勝つんじゃねぇ、勝ったもんが強いのよ。
同じ想いで人生のひと時を一緒に過ごした今は亡き
館長を想い出していました(´-`).。oO いい人だった
けど、ウザかったよなぁ~・・・。いや、ウザかった
けど、いい人だった(´ー`*)ウンウン

で、コンビニでまた色々買い食いして寝たのでせっかく
体重落としてたのにまた増えました(^◇^)
そして次の日、オープンと同時に錦帯橋へ行ってきま
したね(*'▽') アーチ的な橋ですよ、橋。しまなみ海道
とは全然違うけど。。

しまった~・・・今日は銀行の引き落としの日じゃった・・・

つづく( *´艸`)

押忍








[PR]

by viewhotelseizan | 2016-06-08 01:48 | 社長の日常・たわ言等 | Comments(0)

5月のお休み③

2日目その後

ほんとうはこのハワイに泊まろうと思っていましたが・・
やっぱり移動する事にしました。海を見ながらゆっくり
すればよかったなぁ~・・と後で後悔しましたが、、、

で、夕食をいろり山賊で食べよう!と言う事で、玖珂
までひとっ走り。まだ明るい内に山賊へ来たのは何十年
ぶりでしょうか(^◇^) ここはいつもいっぱいですね。
大胆不敵でいて、洗練されチョイスされたメニュー構成
が神業ですよね。。素晴らしいっす(*'▽')

お客様は年齢色々ですが、ですが!若い方がひじょう~に
多いです。グループで、デートで、ちょっとしたドライブ
がてら飯に持って来いなんでしょうね。しかも朝3時まで
営業してるなんて・・・よく勤めに来る人がいるもんだ。。
ステータスなんでしょうかね、うちはダメですね・・

A:どこ行ってるの?仕事
B:ビュウホテル!
A:あ~タイ料理の?
B:そうそう(*'▽')
A:きつくな~い?タイだし山だし。。
俺:↑ お前ぶちまわしちゃろうか おんどりゃ~

こんな感じになってしまうんでしょうかね。まぁそれは
さておき、ひと時の優雅な時間でした。自然の中で!と
言うのも良いですが、それに少々手を加えた!ってのも
居心地がいいですね(^_-)-☆

さて、このあとは岩国市内へ入り、普通にビジネスホテル
へ泊まります。二人で8000円弱って感じでうちと同じぐら
いの設定の宿です。色々勉強になりますね!(^^)! 

旅はいいっすねぇ~(^^♪ みなさんも、あたいみたいに
ストイックな旅じゃなくていいので、ぜひ普通に旅を楽し
んで下さいね~♫

つづく( *´艸`)
d0144077_1853381.jpg
d0144077_1864653.jpg
d0144077_188114.jpg
d0144077_18838100.jpg

[PR]

by viewhotelseizan | 2016-06-07 18:08 | 社長の日常・たわ言等 | Comments(0)