尾道アジアンゲストハウス ビュウホテルセイザン&タイ国料理タンタワン


尾道は丘の上のアジアンゲストハウス(^_-)-☆ 尾道のファッキンリトルタイランド!(^^)!
by viewhotelseizan
カテゴリ
最新の記事
猫のまち尾道。の話
at 2017-10-09 16:04
てすと
at 2017-09-08 04:50
★ 尾道ビュウホテルセイザン..
at 2017-08-04 02:48
尾道 住吉 花火大会
at 2017-07-22 04:59
俺の闘い②・・・義
at 2017-07-09 20:07
最新のコメント
以前の記事
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

俺の闘い①・・・緊急事態

別府、湯布院物語りを引っばっち
まったけど、もうお仕舞い。

元々は、三日間お休みして、厨房
の換気扇とオイルフィルターを
新しく作り替える予定だったのさ。

でも、計画してそれを伝えて、その
日程で出来るって事も確認して、そ
れで休んでたんだけどね・・・。
全然控えてないし、日程も全く気に
してなかったのか、覚えてなかった
のですよ。

で、せっかくの休みだから、もう急
に営業します!って出来ないわけ。
理由?そりゃスタッフさんも三連休
だぁ!って事で、それぞれ旅したり
、どっか行ったり計画も出来上がっ
てた訳だから、急に「やっぱ休むの
や〜めた!」って出きるわけもねえ
って事で、別府、湯布院旅となった
のでした。

でっ!本命が6月後半の1weak休暇。
これが、年2回のオフシーズン旅
休暇!って事でみんな色々な計画も
立ててた事とは思うのです・・・が、

まぁ〜たやっちまいました(ToT)
うちの身内事ですが・・問題児
の兄貴の最終章。。

去年の夏に飲み過ぎで入院して
、クリスマスイブに車に引かれ、
ボロ雑巾状態でもうダメかと思
えば、ゾンビのように起き上が
り・・。

おれ、車が当たる瞬間たぶん
ジャンプしたんやと思うわ、
だから助かったんやろう、ほ
ら昔から運動神経良いやん?
おれ。って感じで・・・

で、勝手に治ったから来週退院
するから、とドクターや看護師
さんを困らせ、転院させてリハ
やらそうと思うと、あそこはイ
ヤや!ここは好かん!など(ToT)
あげくの果てには、逆におれの
どこが悪いんや?片目が見えんだ
けで、体は何ともないやんけ!
って事で・・

結局は、もう好きなようにせい。
と言ってお好きなようにされた
のですが。

それから四ヶ月後・・まったく
季節のごとく四ヶ月単位で問題
を起こします。。って事で、お
休みはタイか沖縄に行こうと思
ってましたが、また急遽大阪に。
これで問題児の最終章。。

いや〜・・悪いけど、大阪って
本当に行きたくないってか嫌い。
普通に遊びに行けば楽しいんで
しょうけどね(;´д`) でも関西風
の兄貴のあのテンションも嫌い。
まあ、みんながみんにじゃない
んでしょうけどね。。で、家族
もみんな来たんだが、その後は
私だけ残り、後の片付けをして
、整理の段取りだけはして、帰
ったのだが、三日間費やしちま
った。まあ1週間いるつもりだっ
たので、予定よりは早く引き上げ
たのは引き上げた。
ちょーハードだったので、疲れ
まくったし、何とも言えない空し
さに時折襲われつつ、でもハード
だったので、それどころじゃない
感にも襲われた。そう言う事態
であった。

で、嫌なことはこの辺で、、
良かったのは、また興味が
あったのは、やはり宿。
天満駅のすぐ近くにそれは
あった。親戚は、あーあそこね、
う〜ん・・・と言っていたので
、じゃあちょっと見てくる\(^^)/
って見に行ったのだった。

そこは昭和の世界だった、エント
ランスは昭和の洋風で、中は喫茶店。
で、その隅っこにホテルの受付けが。
そこの女性スタッフさんは、優雅に
喫茶店のドリンクを作り、そして
宿泊客の応対もしていた。しかも
小さな一人しか入れないバックルー
ムにはPCがあり、そこで空室管理
もしていたのだった。館内には愛猫
が練り歩き、宿泊客からも人気者で
可愛がられていた。

な、、なんだか、面白いぞー!!
と、思った。

前日に在り来たりな、ア◯ホテルに
泊まっていたので、悪いけど全く
面白くなさ感に覆われていたが、
いや〜・・これが宿よ、宿って
こんなのよ(^∇^) と、エキサイテ
ィング&リラックス感に浸っていっ
たのである。

結局、延泊して2泊したのだった。

ホテルを出ると、すぐ横がコンビニ。
すぐ裏が駅、すぐ隣の通りが商店街。
何も不自由がない、勝利の方程式が
全て揃った完璧ないや、完全な宿だ。
ビジネスホテルって書いてあるけど、
それはカモフラージュで、日本風勘
違いねドミトリー=ゲストハウスでは
なく、日本でバックパッカーと言う
ネーミングが広がる以前の20年以上
前の、ほんとのアジアンゲストハウ
スだ。うちと同じである。うちより
個性は少ないが、日本ではあっちの
方がマッチしている。そんな宿だ。

その名はダイキ、ホテルダイキ。
ダイキの意味はわからない、いっ
たいどこから来て、どう言う道を
通ってきたのだろう。いや、知ら
ない方がワクワクする。そう言う
時もある。

商店街を歩くと、名刺10分仕上が
りって看板があったので、おぉ!
これはイイね!って思い入ってみ
た。

10分で出来るんですか?

いや、とても10分じゃ出来へん。

・・・・・。

では何分で?

モノによる。

どんなモノがありますか?

どんなモノがええねや?

・・・・・。

簡単にこれだけ入れてもらっ
たら大丈夫ですよ。

ニコニコ♪それやったらイケるわ。

何分で?

ん〜・・・そうやなぁ。。

まあ良いですよ、飯食って
来るので、小一時間は帰って来ない
ので。

それならイケるわ!

じゃあお願いします。って感じで、
実はこのお母さん、ペットのワンち
ゃんと一緒に尾道にも旅行に来た事
があるんですって。

で、必勝ホテルダイキに戻り、
エビピラフとコーラのセット
700円を食べて、名刺を受け
取り、尾道へと引き上げて行
ったのであった。

一言で言うと、あまり普段は経験
出来ないハードさと、クタクタ感
だった。それが全てだ。

まだまだ後始末は続く。たぶん
終わったら空しさしかないだろう。
それは以前にも経験した。

私は大丈夫だ。それしか道は
ない。通るべき道を避けず、
逃げずに通るだけである。



押忍

d0144077_00394547.jpg

d0144077_00395428.jpg

d0144077_00400584.jpg

d0144077_00401266.jpg
d0144077_00402422.jpg

d0144077_00403660.jpg

d0144077_00404792.jpg

d0144077_00405485.jpg

d0144077_00411843.jpg

d0144077_00412389.jpg







[PR]

by viewhotelseizan | 2017-07-07 20:57 | 社長の日常・たわ言等 | Comments(0)
<< 俺の闘い②・・・義 俺の旅⑥ >>