タイのゲストハウスに!えっ?そしてまた求人・・・


まぁ数ヶ月前には知っていたのだが、当初は知らされていなかった。


タイにゲストハウスを作ったら、タイの家族の家まで出来ていた・・・。


タイ人にお金を渡すともう無くなったと同じである(笑)


妻のみならず、タイの家族ぐるみで人の財産の使い道を考える。


そう、私には何も知らされない・・・。知った頃にはすでにそれは


始まっている。。。


日本的に考えると、それはろくでなしだが、国が違うのでその


考え方は適応されない。なので自分の身は自分で守らなければ


ならない。日本では旦那さんが給料をもらってくると妻に渡す事が


多々ある。妻が家計を管理してくれるからだ。しかしそれがタイ人


なら破産する。。。蓄えると言う発想はタイでも都会の人しかもって


いないだろう。その根底には、「食べて行くため」と言う日本的発想


と、「モノを買うため」と言うタイ的発想の違いが大きくウエイトを占める。


だからそこは責めてはいけないのだろう。タイはタイで考えているのである。


前置きが長くなったが・・・。


タイのゲストハウスは当初15棟作るはずだった。しかし土地の㎡数と、


最低限設備の充実度、そして手のゆき届くお客様とのコミュ二ケーション


、フレンドリーなサービスを日本的発想で私が考え10棟にとどめたのである。


キャパは30人前後で考えている。


欲を出すよりも立地条件と設備の利便性、そしてリピートを生み出すコミュ二ケ


ーションを重視し、キャパを広げる事よりも人気を得て年間稼働率を上げる事に


ウエイトを置いたのである。これはここ尾道のホテルでも培ってきたノウハウである。


ここは古ホテルでハード面は大資本の施設には負けるが、トータルでのバランス力で


そんな大資本と渡り合ってきた。後は、個性である。個性とはあえて変わった事を


する事ではない。揺るぎない覚悟と責任を背負い、信念を貫き通す事である。


って言うのは簡単だが、実行するのは命をかける必要がある。その境地での喜びは


真の喜びと確信する。 遊び心とは?と聞かれるとどう答える。簡単である。


真剣白刃取り。 この遊びは失敗したら潰れる・・・。そんな事もやってきた。


って言うかせざるおえない状況で生きて来た。 バブル崩壊の最中に闘ってきた人


はそんな人は多いはずだ。 なるほど!と理解してくれるだろう。


こんな事を言ったり書いたりするからウザイのである。私はウザイ・・・。


だから来年から一切言わない事にした。。。もうしらん。


勝手にダメになれ~ ば~かば~か!


・・・・・。


大変失礼いたしました。。。


と言う訳で、空いたスペースに家が出来ていた・・・と言うお話でした。。。


まぁ・・・事務所兼家? スタッフルーム? 上手に使います。


が!お金は残っているのだろうか・・・。それだけが心配です。


追加出資? それは皆殺しに値するでしょう。その時には大魔神の如く怒ります。


なんとも客室より鮮やかなピンクのお部屋(笑) 妻は楽しみで仕方がありません。


どでかい看板まで(笑) これはいいんじゃないでしょうか。でもまだ名前は決まって


ないはず・・・。 決めてないよね?? 心配だ・・・。


タイの家族も大喜び。いいんじゃないでしょうか。。。


ただ日本のお母さんにも尽くして欲しいものです。 母も苦労をしてきましたから。。


d0144077_1531757.jpg
d0144077_1534040.jpg
d0144077_1535617.jpg



さて!話は変わりますが仕切り直しです。 今回の求人のご応募、誠にありがとう御座


いました。 私の余計な気遣い?により、うまく決まることが相成りませんでしたので


仕切り直しをさせて頂きます。 これを読んでご応募頂けるか・・・(笑)


ただ重い事を言うつもりではないのですが、少なからず人生に関わらせて頂く事に


なると言う気持ちは常に持っていますし、その方の幸福を願っております。


ご応募頂いたかたがた、本当にすみません。そして有難う御座いました。


経験や好みよりも、そのかたの気構えを知りたいのです。 なんせうちに来ると


人生に変化が生じることでしょう。。。もちろん良い意味である事を努力致します。


そのかたの夢や理想は全て目標に置き換えて頂きます。そして達成する習慣を身に付けて


頂くよう努力させて頂きます。 チャレンジャーさんをお待ちしております。


チャレンジャーさん、丘の上にてお待ちしております~!!


d0144077_158781.jpg



押忍
[PR]
by viewhotelseizan | 2012-12-10 02:05 | 社長の日常・たわ言等 | Comments(0)