尾道アジアンゲストハウス ビュウホテルセイザン&タイ国料理タンタワン


尾道は丘の上のアジアンゲストハウス(^_-)-☆ 尾道のファッキンリトルタイランド!(^^)!
by viewhotelseizan
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
以前の記事
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

やはり夏は!! 子供の頃の巻き④

タイ料理が美味しい季節ですよね!!

しかし元々私は、お寿司のワサビも駄目なくらいだったのですよ・・・。

そして、アジア・・ましてやタイなんか眼中に無かったのです。


中学生になって・・・・④

トレーニングが面白くなってきました・・・。初めて数ヶ月経つと

師匠とスパーリングをするようになり・・・・。でも師匠はどんなに

殴ってもびくともせず、こっちが打ち疲れて・・・仲間も2人いたの

ですが、みんなへとへとです。 特別技が切れていたわけでもなく

、と言うよりかまさに根性トレーニングです・・・。ナンセンスと言う人も

いるかもしれませんが、しかしどんなに才能があっても、技に長けて

いたとしても、また体力があったとしても、全てそれらを発揮するのは

その人の気持ち。折れないハートのトレーニングは非常に大切で、

やはり、技は力の中にあり。と言う事を師匠は叩き込みたかったのでしょう。

型は教わりませんでしたが、基本稽古は、最初と最後に必ずやらされて

いました。と言うか、これだけで充分なんだろうなぁ~・・と、確かに思いました。

後は、実戦経験を積んでいくしか方法はありません。将来私の字引的存在

となった格闘技の原点がここにあったのでした。格闘技以外でも、仕事や

人生に何か行き詰ると、ここに当てはめて答えを見い出す事が出来るのです。

今月、親父の15年目の命日を家族と過したのですが・・・・当時、多額の負債も

引き継いで、ちょうどバブル崩壊後の経営を引き継いだのですが、なんせ当時

お客様の来ない古ホテルに年商の6倍にも相当する負債を背負った最中、

街に新しいホテルが出来たのでした。こりゃだめだ・・・・。私は路頭に迷うかの

如く、久々に師匠の元を尋ねたのでした。

私: 師匠・・・もう駄目かもしれません。

師匠: ん?闘う前から逃げるのか?俺はそんなこと教えたか?

私: いや・・・そんなことは・・・

師匠: でっかいホテルだろ?食うのも大食いだが、クソもでかい。解るか?

私: ク・・・クソですか・・・・

師匠: じゃぁ言い方を変えるか。お前はでっかい相手と闘うならどう闘う?

私: いや・・空手の話しじゃなくて・・・・。 はっ!

   師匠、私は違っていました・・・・ 帰ってすぐに準備にかかります。

   開始の合図と共にサイドステップで相手の側面に・・・・

師匠: ・・・・・もう帰れ。そしてとうぶん来るな。

私: お・・・・押忍。

話しが飛んでしまいましたが・・・・。と言うわけで非効率でも根性トレーニング

は大切です。

さて、2年ほど費やした時間と、その過程の中の修行でそろそろ5人まとめて

ぶっ飛ばしてやろう!と、思っていた時の話です。なんと!驚いた事にその

対戦相手の方から歩み寄って来たのでした・・・・。2年の歳月を・・・昔のように

にこやかに寄ってくるのです。しかもいきなりです・・・・。えぇぇぇ~~・・・・・。

勝負は??えぇぇぇ~~・・・・・。俺の2年は?えぇぇぇ~~~・・・・・。

まぁ・・・・いいか・・・・。 闘わずして勝つ・・・って言うのか?これの事か?

そろそろやられるかも?とか察知したのか? ん~・・・・・腹が立ってきた・・。

でもそのお陰で一生共にする宝物に出会えた訳だし!!むしろ有難う!!って、

絶対に言わなかった。

まだまだ修行が足りない証拠である。しかもまだまだガキである・・・・。

師匠に話してみた。

私: 師匠・・・勝負はなくなりました・・・・。

師匠: ん?今までお前は勝負してただろ?じゃぁ勝ったんじゃないか?

     元々俺にはどうでもいいことだがな。

私: ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(涙) あんた・・・それでも・・・(涙)

師匠: ラーメンが伸びるからもう帰れ。

私: ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

私の格闘人生の第一章でした・・・・・・。




子供の頃~中学生になって (完)


押忍



d0144077_419271.jpg

[PR]

by viewhotelseizan | 2011-07-12 04:19 | 社長の日常・たわ言等 | Comments(0)
<< 日が沈み始めました + MAR... やはり夏は!! 子供の頃の巻き③ >>