尾道アジアンゲストハウス ビュウホテルセイザン&タイ国料理タンタワン


尾道は丘の上のアジアンゲストハウス(^_-)-☆ 尾道のファッキンリトルタイランド!(^^)!
by viewhotelseizan
カテゴリ
最新の記事
★ 尾道ビュウホテルセイザン..
at 2017-08-04 02:48
尾道 住吉 花火大会
at 2017-07-22 04:59
俺の闘い②・・・義
at 2017-07-09 20:07
俺の闘い①・・・緊急事態
at 2017-07-07 20:57
俺の旅⑥
at 2017-07-06 14:33
最新のコメント
以前の記事
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

別府 其の⑤

湯布院は皆様知っているだろう。日本でも有名なスポットである。
昔私は大分に勤務していた事がある。そして仕事が終ってから、
また本当に無かったが・・・休みがあれば車でその壮大な風景を
眺め、そして激しいドライビングで流していた街である。

しかし本当に美しい・・・なんて素晴らしいんだ。

d0144077_2553116.jpg
d0144077_2553738.jpg
d0144077_2554661.jpg
d0144077_2555362.jpg



由布院に着いてからもやはり頭の中には「から揚げ」があった。
いつでも食べれるから揚げではあるが、名物と聞くとどうしても
食べたくてたまらない・・。何が違うんだろう・・・いつも食べている
から揚げと。身近な食べ物だけに、みょ~に気になる。

まぁそれは置いといて、由布院と言えばまず向かうのは「下ん湯」である。
金鱗湖と言う小さな湖?池?があるのだが、ほのかに温かい水の湖である。
昔、その水温を指で確認し、その先に魚が泳いでいた事に感動した想い出が
あるのである。

しかし15年経った今・・・それは忘れてしまった。なぜなら「白鳥」がいたからである。
世間では「アヒル」とも呼ぶが、色が白ければ私的には全て「白鳥」である。
そう、小さい事は気にしてはいけないのである。
タイのバンコクの街で歩いていると、私も中国人と間違われる事もある。だからどうした?
ひちめんどくさく「日本人だ」と真実を明かす必要があるだろうか。何人とでも呼んでくれた
ら良いのである。

d0144077_259248.jpg

d0144077_3171633.jpg


結構大きな白鳥であった。じっくり見ながら・・・やはり思い出した。「から揚げ」である。
そうと決まればまずから揚げを食っとくか!と言う事で親子丼を食べた。
よくよく思い出すと、そう言えば白鳥と呼ぶには、そんなに白くなかったからだ。どちらか
と言えば、グレーだったのである。

そう、私も時々ひねくれているのである。

そして親子丼を食べた後、激しくから揚げ屋さんを探して回った。でも立ち寄らず、お風呂に
入る為、由布院から別府へと戻って行ったのである。

そう、私も時々ひねくれているのである。

今日はもう尾道へと帰らないといけない。時間と体力と精神力の闘いなのである。風呂の
後の運転は非常にハードである事を私はよく理解していた。踏んだ場数が違うのである。

どの風呂へ入るか!これが勝負の分かれ目なのである。別府には沢山の温泉がある。
それぞれが、それぞれ素晴らしい温泉なのである。

と言う事で、何の迷いも無く当初より決めていた「泥湯」へと向かったのであった。
闘いとは迷いがあっては勝つ事が出来ないのである。皆さんもよく知っておいて欲しい。
考えるのではなく、反応するのである。それには日頃よりのトレーニングが不可欠である。
一夜漬けでは到底出来ない。踏んだ場数が違う私は当然迷いは無い。そう言う事なのである。

この泥湯は混浴である。2箇所ほど個別のお風呂もあるが、露天の泥湯は混浴である。
平日なので空いていて、大きな露天風呂に悠々と入る事が出来たのであった。

なんて素晴らしいんだ別府よ。そして泥湯よ。そうとうな、ギリギリまでウンコが飛び出しそうな
オナラをしても大丈夫だ。そんな激しい硫黄の香りであった。しかし私は留まった。もし失敗し、
うんこが出てしまったら、泥湯の白いお湯にブラウンカラーのうんこは目立ちすぎる。
すぐに私は吐き出したものだとばれてしまうからであった。そこまではプライドが許さなかった。
そう言うことである。

泥湯の中まではさすがに写真は撮れなかった。タイ人共のセクシーショットをお見せ出来ず
残念だ。体感したい人は是非別府まで足を運んで欲しい。現地で体感しないとこの良さは
伝えきれない。この文章力の無さをどうか許してください・・・。

d0144077_3205430.jpg
d0144077_32173.jpg
d0144077_3211516.jpg


つづく・・・
[PR]

by viewhotelseizan | 2009-08-28 03:21 | 社長の日常・たわ言等 | Comments(0)
<< 本日 備後地区サービスDay タイからアロマオイルが届きました >>