尾道アジアンゲストハウス ビュウホテルセイザン&タイ国料理タンタワン


尾道は丘の上のアジアンゲストハウス(^_-)-☆ 尾道のファッキンリトルタイランド!(^^)!
by viewhotelseizan
カテゴリ
最新の記事
★ 尾道ビュウホテルセイザン..
at 2017-08-04 02:48
尾道 住吉 花火大会
at 2017-07-22 04:59
俺の闘い②・・・義
at 2017-07-09 20:07
俺の闘い①・・・緊急事態
at 2017-07-07 20:57
俺の旅⑥
at 2017-07-06 14:33
最新のコメント
以前の記事
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

別府 其の①

実は今年6月と7月の境目、ホテルをお休みさせて頂いて
うちのタイ人共を連れて、九州は別府へと旅をしてきたのであった。
私にとっては15年ぶりの国内旅行、そう、毎年1回の嫁の里帰りを兼ねた
タイ旅行以外はほぼ1年間お休み無しなのである。

昔私もサラリーマンであった頃、実は九州を股にかけ、九州内を転々としながら
お勤めをしていたのである。転々と言っても、転勤の転々である。決して根無し草
のプータロウではないので間違えないで欲しい。言い換えると、キッチリと責任の
あるポジションでバリバリと働いていたのである。

そして別府。何て懐かしいんだ。ほんとうに少し前まではもう一生行けないかもしれ
ないなどと考えた事もあるが、希望を捨てず頑張って来た甲斐があったと言うものだ。

たった1泊の旅行が?と、思うかもしれないが、世の中にはそんな人生もあるので
ある。しかしそんな人生の中でのこの1泊の喜びと来たら尋常ではないのである。
私は何て幸せ者なのだ・・・と、大きな幸福感と感動を得る事が出来る体質になって
いるのである。苦労してしっかりとツケを払ってきた甲斐があったと言うものだ(涙)

有難い有難い、お客様のご予約が入っていたので、この日以外の日程変更は出来なか
ったので、大雨の中の旅であった。久々の長距離ドライブである。と言っても日頃仕入れ
や買出し雑用などで、結構な距離を走っているので、高速道路の綺麗に舗装された道は
快適そのものであった。大雨でも嬉しい旅行もあるんですね。
高速道路の雨水の上を滑る、ハイドロプレーニング現象さえも心地よい旅なのであった。

さぁ出発!で、可愛いうちの犬のブアカーオをペットホテルへ預けに行った。うちには人が居
るのだが、今回は預けたのである。そしてまず1発目は・・・・

ワクチン接種の証明書を忘れちまった・・・・(なので取りに帰る、そして忘れた本人の嫁はすねる)
嫁は散歩しているから取ってきて。とブアと一緒に車から出る。

うちで証明書を探していると、まだかまだかと電話してくるので 「やかましー!」と電話を切る。
見つけたのはいいが、汗だくなので部屋に行って着替えをする。そしてペットホテルへやっと到着。

さぁいざ出陣!と高速に乗り、最初に立ち寄ったパーキングエリアでサイフが無いのに気がつく・・。
立ち寄ったお店やペットホテルへ電話をしまくり、サイフを探す。何てこったい・・・・・

車の中ではみんなテンションがダウンしまくり、嫁は帰ろうと言い出す。
「やかましー!サイフが、少々の銭がなんぼのもんじゃい」と、気合を入れ、旅を強行したのである。
2万少々入っていたが、お金よりも別府の方が大事なのであった。そんな時もあるのです。ただ・・・
ツタヤカードが入っていたのでそれだけが心配であった。

しかしよくよく考えると、この私がサイフをなくす訳がないのである。自信を持ってそこに気がついた
のであった。

そうか!着替えたときにジーパンの中に入れたままだ。まず間違えない。と言う事で後は安心して
旅に集中できたのであった。

しかし時間を食っちまった・・・時間はすでに15:30。まだ広島県内である。しかし迷いはなかった。
前進するのみである。行くと決めたら日帰りでも行くのがこの私である。ここからは私の得意な自分
自身との闘いなのであった。やってやるぜ・・・闘い抜き、今回も勝ってやる。と気合充分であった。

そんな訳で高速道路の旅も楽しいものである。まずはタイ人ども、本州と九州の境目、関門海峡に
感動の雨あられである。タイから貰ってきた嫁にも帰国のタイと、1回家出して行った東京とこの
尾道だけしか見せてやれないかと思っていたので、私にとっても素晴らしく充実した旅なのであった。

考えてみればきちんと役割を果たしている。日本人以上に日本的な、昔の日本人に似た大和魂を
持っているのがタイ人なのである。一見わがまま放題のようでも、実は決して好き勝手にはやって
いないのである。脳みそは単純だがハートのある人間らしい人間なのかもしれない。

まずは関門海峡まで。
このパーキングで財布を買ったのである。私にはサイフは必需品である。嫁は鞄やポケットに
親父のように「ジャラジャラ~」と直にお金を投げ入れる・・・・。女ってだらしないのかもしれない。

実は別府は親戚がいるのである。別府の親戚の皆さん、これを見たら「なぜ連絡しない!」と
怒らないで下さいね。私だけなら必ず連絡していたのですが、時間的にハード過ぎて。。。
またゆっくり行けるようになりたいです。頑張ります。
そして神戸のお姉ちゃん、おばちゃん。おじちゃんの法事にも行かず、別府旅を強行して許してくださいね。
いつか必ず親戚全員のお墓参りに伺います。必ずです。

つづく

d0144077_255268.jpg
d0144077_2553447.jpg
d0144077_2554210.jpg
d0144077_25550100.jpg
d0144077_2555836.jpg
d0144077_256622.jpg
d0144077_2561459.jpg


d0144077_352574.jpg
d0144077_1412641.jpg

[PR]

by viewhotelseizan | 2009-08-23 02:56 | 社長の日常・たわ言等 | Comments(0)
<< いつもご愛顧有難う御座います。 必需品 >>